ホーム>補聴器を門真市でお考えなら補助金が適用の補聴器も扱う【らくらく補聴器】出張訪問によるメンテナンスもお任せ!~アナログ補聴器とデジタル補聴器の違い~
コンテンツ

補聴器を門真市でお考えなら補助金が適用の補聴器も扱う【らくらく補聴器】出張訪問によるメンテナンスもお任せ!~アナログ補聴器とデジタル補聴器の違い~

補聴器を門真市でお考えなら補助金が適用の補聴器も扱う【らくらく補聴器】出張訪問によるメンテナンスもお任せ!~アナログ補聴器とデジタル補聴器の違い~

補聴器を門真市で検討されている方は補助金の利用も可能な補聴器の専門店【らくらく補聴器】へ

補聴器門真市で検討されている方は、程近くに位置する守口市の【らくらく補聴器】へお越しください。【らくらく補聴器】の創業者は元々ドイツの有名補聴器メーカーに勤めていて、専門店で技術指導や営業販売の提案をしたり、難聴で困っている方の相談を受けたりしていました。

現在では独立し大阪府守口市に店舗を構え、国内外の主要メーカーの製品を数多く取り扱っています。おもなお客様は60代以上のシルバー世代の方々で、店舗には認定補聴器技能者の資格を持ったスタッフが在籍しており、様々な経験と専門知識を活かしながら、お客様に一番適した製品を提供しています。また、難聴で障害者手帳の適用を認められれば、補助金を利用してご購入いただけるので安心です。

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは?

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは?

アナログとデジタル補聴器の違いは何かというと、ずばり音の処理の仕方が違います。アナログの場合は、音質や音量をそのまま電子信号として扱い処理をするとてもシンプルな仕組みなので、聞きたい音を大きくしようとすると雑音も一緒に大きくなってしまいます。

一方、デジタルの場合は音質や音量などをデジタル信号に変換して、マイクロチップで騒音やハウリングを抑制したり音を大きくしたりできるので、必要な声や音だけを聞き取りやすくすることができます。

主流はやはりデジタルでアナログに比べて、様々な音や声などの音質を上げたり雑音を処理したりするのに優れています。

補聴器を門真市で作ろうとお考えなら幅広いエリアで出張訪問を行う【らくらく補聴器】へ
~認定補聴器技能者にメンテナンスもお任せ!~

補聴器を門真市で作ろうとお考えなら幅広いエリアで出張訪問を行う【らくらく補聴器】へ~認定補聴器技能者にメンテナンスもお任せ!~

補聴器を門真市で作ろうとお考えでしたら、大阪市、守口市、門真市、寝屋川市などのエリアで出張訪問を行う【らくらく補聴器】をご利用ください。【らくらく補聴器】 では正確な聴力測定ができる防音室、正確に聴力を測るために必要なオージオメータや測定器などの充実した専門設備を完備しています。

そのため、お客さまの耳の聞こえの状態に合わせた補聴器を提供することができます。どうしても来店が困難な方には、出張訪問も行い、メンテナンスやその場で専門スタッフが聴力測定検査を行うことも可能です。

お役立ちコラム
補聴器を門真市で検討しているなら【らくらく補聴器】へ
会社名 株式会社ダンドリ
住所 〒 570-0038
大阪府守口市河原町10-15 テルプラザ1F
TEL 06-6998-4133
URL http://www.rakuraku-hochouki.com/
ページ上部へ